2台持ちするガラケーの端末購入費を抑える

auキャリアの通話専用のガラケーと格安SIMに乗り換えたauスマホにする事で、月々のスマホ通信費を大幅に抑える事が出来ますが、キャリアの音声通話回線維持用のガラケー端末をどうやって調達するか?というのも結構重要なポイントです。

スマホからガラケーへの機種変更、新品のガラケーは必要ない

もともとauのガラケーを使っていてスマホに乗り換えた方は、既にauキャリアで使用可能なガラケーをお持ちの場合が多いので、そのまま流用すればよいのですが、auとの契約がスマホからのスタートだった場合、au回線で使えるガラケーを調達しなければいけません。

キャリアでスマホからガラケーに機種変更する際に、数は少なくなっていますがauキャリアのガラケー端末を購入する事も可能ですが、指定のパケット定額サービスに加入しないと、端末代金の割引、いわゆる実質0円での購入が出来ません。

auの場合は、ガラケーでいえばプランEシンプルへの加入が条件となりますが、プランEシンプルだと国内通話料が無料にならないので、通話専用にガラケーを持つことと矛盾してしまいます。

キャリアの通話専用の端末と割り切って使うのであれば、あえて新品のガラケー端末を購入する事も無いのではないかと思います。

中古ガラケー端末購入ならブックオフがおすすめ

中古のガラケー端末は、ネットをはじめ街のパソコンショップや大型家電量販店なんかでも売っていますが、そんな中で私がおススメなのはブックオフです。

ブックオフは自社の格安スマホサービスも開始する等、積極的にモバイル通信分野に参入していますが、本やゲームソフト等の買取だけでなく、スマホやガラケーの買取でも有名です。

ブックオフがおすすめな理由は、データ消去センターを持っていて、買い取ったスマホやガラケーの入念なデータ消去が行われていること、一台一台しっかりとクリーニングが施されていて、極端に程度の悪い端末は販売していないということです。

これは実際に私がブックオフとその他の中古携帯店の商品を比べてみて感じたことです。

実際、私がガラケー+スマホの2台持ちのためにブックオフより購入したこのガラケー端末、殆ど傷も無くバッテリーの寿命も十分残っていて、価格はなんと1980円!でした。

2015-05-08 00.19.53 2015-05-08 00.20.40 2015-05-08 00.21.00

本当は2980円だそうなんですけど、充電ケーブルが無いので1980円に。

充電部の端子形状はミニUSBなので、手持ちのスマホの充電ケーブルがそのまま使えました。

ガラケー、スマホ問わず中古端末で安くあげたいけど、汚いしトラブルが心配・・といった不安をお持ちでしたら、一度ブックオフに行ってみる事をお勧めします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

クラスCまでのIP