「スマホに関する話題」の記事一覧

まだまだ伸びる格安スマホ市場!MVNOの現状について

総務省が公表した格安スマホ、いわゆるMVNOの利用状況の調査結果によると、2014年12月末時点で大手の携帯キャリア自体がMVNOになっているものを除くと、契約数は892万件だそうです。

ただし、この数字にはカーナビや遠隔監視で利用される、モジュール型というのが272万件ほど含まれていて、実際の格安スマホでいえば196万件なんだそうです。

ちなみに現在格安スマホサービスに参入する事業者は、170社も存在するようですが、このうち3万件以上の契約数を獲得しているのはなんとたったの13社だそうです。

其の13社のうち50万件以上の契約数を獲得しているのは2社のみだそうです。

この2社はどこなのか?気になるところではありますが、NTTドコモの回線を使った事業者である事は間違いなさそうです。

もうじきMVNOの淘汰が始まる?選ぶなら持続可能な大手事業者を

そんなわけで、まさに雨後の筍状態とも言える格安スマホ市場ですが、やはり今後は契約者数が少ない&伸びない事業者は淘汰されていくと思われます。

要するにある日突然サービスが終了・・なんてこともあり得るわけで、安易に月々の料金の安さだけで選ぶと、後後めんどくさい事になりそうですね。

少し料金が高くても(高いと言っても数100円レベルですね)、しっかりした企業が母体にいるようなMVNOを選択しておいた方が賢明でしょう。

意外とおススメなのはビッグローブのデータ通信SIM

母体の安定したMVNOを選ぶという観点でいえば、ビッグローブのデータ通信SIMがおススメです。

特におススメは6GBで通信制限なしの「ライトSプラン」ですね。

月額料金は1505円になりますが、一般的な格安SIMが3GBで980円/月である事を考えると、容量倍でお得なプランといえます。

また、使い切れずに余ってしまったデータ通信容量を翌月に繰り越せるのもうれしいですね。

ただし、ビッグローブがおススメなのはあくまでデータ通信SIMのみのプランで、音声通話付きSIMだと12ヶ月縛りが付きますので、あまりおススメではないです。

実際、私もUQモバイルとは別にこのビッグローブのデータ通信SIMを契約して、ドコモの中古端末で使っていますが、繋がりやすさや速さはドコモ系のキャリアスマホと全く同じです。

MVNOの認知度が7割、データ通信のみを使いたい人が増殖中

3bbb985faf5ee5afbd412cf6e4d00934_s総務省が実施したアンケートによれば、MVNOを知っているという人は、3000人のほぼ7割だそうです。

その中で、データ通信のみ使いたいという人は27%ほどで前年より増え、音声・データの両方使いたいという人は56%で前年より減ったそうです。

やはり格安スマホの音声通話は無料通話や家族間無料といったプランがなく、通話料金が高いのがネックで、そういった意味からも、データ通信のみにして、音声通話はキャリアのガラケーで対応する2台持ちがおすすめですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

クラスCまでのIP